微生物の見えない力

 

微生物は、私達の身の回りに存在します。自然の中や体内など、ありとあらゆる場所に、彼らは生息しています。微生物には、「好気性」、「嫌気性」、「通性嫌気性」の3つがいます。好気性はカビなどで、嫌気性は大腸菌などです。違いとして、酸素があるところで生息しているか否かという点があります。

微生物を手にとって見ることは出来ませんが、顕微鏡を用いて確認することは可能です。1674年にオランダのレーウェンフックが始めて微生物を観測してから、今日に至るまで、様々な種類の微生物が観測されてきました。 微生物は人間界においても高い働きを見せています。チーズの発酵に必要な酵素は、微生物が出していますし、花や鳥など、多くの自然が美しいのは、微生物が影で力を貸しているからです。 彼らには様々な働きがあり、海水や地上など、ありとあらゆる場所で活動を続けています。生物学には、微生物を専門に研究する分野もあり、最新のバイオテクノロジーへの応用も期待されています。研究においては、微生物の分裂なども参考にされており、その生命力は、地球生命の礎となっています。

微生物は市販の顕微鏡で観察できるほか、博物館などでも調べることが出来ます。インターネットで微生物の歴史や種類について調べるのも面白いです。学校で生物を勉強していなくても、簡単に知識を獲得できるでしょう。 微生物は医学やテクノロジーなど、様々な分野に応用されています。日本の伝統的な食事や文化も、実は微生物の力で成り立っています。ぜひ、あなたの知らない微生物の世界を探検してみましょう。

[特集]
微生物であるミドリムシを使った青汁というものも注目されています・・・ミドリムシ青汁

 

Copyright © 2014 微生物の特長 All Rights Reserved.